smscについて

イベント

smscの想い

SMSC(エス・エム・エス・シー)とは、ソーシャル・メンタル・サポート・コミュニティの略称です。
病気や障害に関わらず、全ての人々のメンタル(心の問題)に取り組み、
区別することなく人として生きていくための支援をする活動をしていこうとの考えから始まりました。

想い、理念

病気や障害に関わらず、全ての人々が精神的な健康を保ち、住み慣れた町で自分らしい生活をしていけるよう手助けできる法人になれればと考えております。
ノーマライゼーションの理念を持ち、一人一人の願いを叶える支援を提供すること、コミュニティを形成し支えあうこと。
それは、社会に開けたコミュニティにすること。また、病気、障害に関わらず個々人の想いに合わせた支援と結び付けること、
そのような助けが必要な人の地盤となり、または必要な人と助けたい人をつなぐ橋のような存在になることを目的としています。

取り組み

みんなが健康で自分らしい生活をするには何が必要か?を考えると、3つが挙げられると思います。
相談する(話をする)場所があること、住む場所があること、働く場所があること。
ライフサイクルの中でこの3つは大きな課題だと考えております。
そのため、SMSCでは次の事に取り組みます。

メンタルサポート相談支援事業 共同生活援助、グループホーム 就労継続支援B型事業、就労移行支援事業
障害のある方が自立した日常生活、また社会生活をすることができるように相談支援を行います。 障害のある方が住み慣れた町で自分らしい生活ができるように、専門のスタッフをつけて住居の支援や地域生活のサポートを行います。 企業などでは働けない障害のある方などに仕事を提供し、生きがいの持てる生活や就労の支援を行います。
  • 社会生活で疲れた心を癒す
  • 自立した生活を送るための訓練
  • 精神に障害を持つ方々を地域
    ぐるみでサポート

精神障害者を取り巻く環境には、自殺や貧困、虐待やいじめ、ひきこもりなどの様々な社会問題が付きまといます。また、障害があることによって、住む・働く・交流するなど、生活をして行くうえで最低限の行動ですら制限をされてしまうことや、謂れの無い偏見に阻まれ、望んだことを諦めなくてはならないこともあります。
生まれ育った環境や個人の能力などの違いが原因で、あたりまえの生活が制限されていいのでしょうか?
障害を持ってしまったら、夢や希望を諦めなければならないのでしょうか?
果たして、このような社会は「イケてる」社会と言えるのでしょうか?
SMSCのミッションは、精神的な病または障害があっても、誰もが安心して過ごせる「イケてる」社会を実現すること。
そのため私たちは、精神障害者の現状や課題と向き合い、彼ら一人一人の住まいや生活などの相談を始めとした環境面からの改善に取り組み、仕事のやり方や仲間とのコミュニケーションなどを通じ、共に支え合う喜びに社会性の回復を見出しております。
そしてこの活動の集大成として、「おんらが村」の運営を開始しました。
この村が、社会生活で疲れた心を癒す場であり、自立した生活を送るための訓練の場であり、精神に障害を持つ方々を地域ぐるみでサポートする実践の場となる複合施設として機能し、多種多様な生き方や暮らし方が受け入れられる寛容な社会、「イケてる」社会のモデルになることを私たちは信じています。