smscについて

イベント

精神障害の今

患者数の増加

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は平成23年で320万人と近年大幅に増加しています。
特にうつ病や認知症などに著しい増加が見られます。

長期入院

精神科病院に入院してもそのまま退院できず、1年以上の長期入院を続けている人が20万人以上います。
そのうち25%が「入院期間1年以上」ということで、しかもそのうち25%が「10年以上の長期入院患者」であるという統計もあります。
病院のほかに居場所がなく、症状がよくなっているのに長期入院を続けざるをえない「社会的入院」という問題もあります。

自殺者数

WHO(世界保健機構)が実施した調査では、自殺に及ぶ前に
約95%の人は何らかの精神疾患に該当する状態。
躁病やうつ病などが30%と最も多く、アルコール依存症や
覚せい剤による精神疾患などが18%、統合失調症が14%と続いています。